--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005/06/17

サッカー オンラインマガジン 2002world.com webnews

やっと京都戦の記者会見を読みました。

リンク: サッカー オンラインマガジン 2002world.com webnews.

「ひとつ言えるのは、福岡は非常にファールが多くて、うちのチームはファールを少なくしていこうと、相手にフリーキックのチャンスを与えないでやっていこうという形で入りましたから、逆にあそこで相手がファールをしてくれたことで、ああいうチャンスを作れたと思うんですね。ですから、いま考えてみても、自分たちが考えているフェアプレーの考え方とフリーキックを与えないことが、いかに大事かということが改めて感じられるゲームだったなと思います。」

この言葉からすると「福岡はラフプレーが基本」みたいな事を柱谷監督はおっしゃられている様ですね!
柏との入替戦では「体の寄せ、あたり、そして見えないとこでの・・・」にJ1との差を感じていました。
この差を縮める為に「あたりを強くしている」という事であれば非常に良い傾向ですが、他チーム(同様に審判)から見ると「ファールが多い、福岡はラフプレー」という事であれば考えないといけないですね。

試合前から主審にはマイナスイメージでとられる訳ですから。
うちは「ラフプレー、危険なプレー」なんでしょうか?
自分は違うと思っています。スペインなんかもっと・・・ですよね?

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。